「こころ」、「ストレス」の問題を気軽に相談できる場所。患者さまが、ホッとできる空間を目指しています

つつじヶ丘メンタルクリニックは、こころにさまざまな悩みを抱えている患者様が心と身体の不調について、安心して相談のできるクリニックを目指しております。
ストレスの多い現代社会においては、より健全な毎日を過ごすことが大変難しくなってきています。皆様が抱えていらっしゃる問題に親身に取り組み、解決のお手伝いをさせて頂きたいと考えております。
お一人で悩みを抱え込まずに、どうぞお気軽にご相談下さい。

こころの問題にお悩みの患者さまへ

このような状態でお悩みの方、お気軽にお問い合わせ下さい。

  • 朝がつらい、会社や学校に行けない。
  • 気分が落ち込む、やる気が起きない。
  • 何をするにもおっくうで気力が出ない。
  • 寝付けない、夜中や早朝に目が覚める、眠りが浅い。
  • 人前で過剰に緊張する。
  • 人混みや閉鎖空間で動悸、めまい、気分が悪くなる。
  • 物忘れが気になる。
  • 検査では異常が無いのに体調がすぐれない。

クリニックからのお知らせ

  • 2020/07/31 2020年夏季休暇のお知らせ

    8月11日(火)~8月15日(土)は夏季休業のためお休みさせていただきます。

    8月17日(月)より通常診療いたします。

  • 2020/04/10 新型コロナウイルスに関するお知らせ。

    新型コロナウイルスの感染が広まっております。
    下記の症状がある方は、当院を受診される前にまず、東京都相談センターにご相談ください。

    ・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)。
    ・強いだるさ(倦怠けんたい感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
    ※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

    【東京都の相談センター窓口】
    新型コロナウイルス感染症電話相談窓口(新型コロナコールセンター)
    電話番号/0570-550571
    対応時間/9:00~21:00(土、日、休日を含む)
    対応言語/日本語、英語、中国語、韓国語

    新型コロナウイルス感染に伴う「電話診療による処方箋の発行」について

    厚生労働省の「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」に合わせ、当院では電話受診で処方箋を発行させていただきます。

    【対象患者様】
    慢性疾患等を有する定期受診されている方(安定した状態で、服薬を継続されている方)

    ※主治医が「対面診療なしでこれまで処方されていた慢性疾患治療薬の処方を可能」と判断した場合に、電話診療で処方箋発行が可能となります。
    ※主治医が対面診療での病状確認が必要と判断した場合や新規のお薬がある場合は対象外となります。
    ※診療時間外については対応できませんのでご了承ください。
    ※主治医が不在の場合は、確認に数日かかることもございますのでご了承ください。

    ***********************************
    【電話診療による処方箋発行の流れ】
    ①診療時間内にクリニックにお電話いただき、「電話による処方希望」をお伝えください。
    スタッフが現在の状態等、確認させていただきます。

    ②外来スタッフより主治医に確認させていただきます。
    主治医が、処方箋の発行が可能かどうかを判断いたします。

    ③主治医が処方可能と判断した場合、処方箋を発行します。

    ④受け取り希望の薬局へ、当院より処方箋をFAXさせていただきます。
    希望された薬局で、4日以内にお受け取りをお願いいたします。

    ⑤診療費につきましては、次回ご来院時にご精算をお願いいたします。

    ※③で主治医が処方不可(対面診療が必要)と判断した場合は、申し訳ありませんが、お電話での処方箋発行はできません。
    ご来院いただき、診察を受けていただきますようお願いいたします。

    ※④で患者様への処方箋原本の郵送をご希望される場合は、別途郵送代(自費)を頂戴いたします。

  • 2019/11/28 2019-20年 年末年始の休診について

    下記の期間は年末年始の休診とさせていただきます。

    2019年12月29日(日)~2020年1月5日(日)

お知らせ一覧へ

  • うつ病
  • パニック障害
  • 強迫性障害
  • 社交不安障害(SAD: Social Anxiety Disoder)
  • 双極性障害
うつ病セルフチェック

診療時間

分院の紹介